FDC Now

・ウルトラ・ファインバブル(UFB)による除菌法運用開始

ご挨拶を更新。

■15.東洋医学■

1.東洋医学を治療に応用する理由

歯や口腔内の炎症や痛みが諸臓器や精神状態のバランスの乱れ(経絡の乱れ)によって一向に解消しない場合があります。

歯や歯周組織をはじめ口腔内の諸組織が『身体に存在し、脳や中枢神経(本)』の支配をうける以上、『末』である口腔内の組織に影響が顕れるのは当然のことです。

FDCは先端の西洋医学を臨床に応用する一方、こうした患者さんの悩みを解消するためにエビデンスや治療効果が確認できる範囲の、東洋医学療法を応用しています。

2.西洋医学で解決できない症状

東洋医学は次のような症状に効果があります。

  1. 抜歯や切開後の痛みが何日も引かず、治りが悪い。
  2. 歯の神経を取ったあとの痛みが続き噛めない。
  3. 歯の根の治療をしているが症状が引かない。
  4. レントゲン検査では特に異常はないのに、噛みあわせると痛い。
  5. 親知らずがよく腫れ、炎症がなかなか引かない。
  6. 虫歯がないのに冷たいものを飲むと、凄くしみる。
  7. 義歯による傷がなかなか治らない
  8. 歯の噛みあわせの不良による肩や首の凝り。
  9. 歯周病による出血や痛みが繰返す。
  10. 口内炎や舌炎などがなかなか治らない。
  11. 顎関節の違和感や痛みが永年にわたって続く。
  12. その他原因不明の歯や歯肉、あるいは口腔組織の痛みや違和感など。

3.実際の歯科診療

  1. 経絡調整法による経皮通電法
  2. レーザー経絡調整

痛くない電子刺激やレーザーでの治療

上記のような症状を引き起こす原因ともなっている、体を流れる気の乱れを整えるために、経皮通電装置やレーザーによって顔や手足などのツボを刺激し、治療します。

この治療法のメリットとして、

  1. 薬物を使用していないので、副作用がない。
  2. 自然治癒力が高まります。
  3. その他、歯の不調による体調全般に効果があります。

経皮通電装置


この装置により経絡調整を行い、鎮痛、や消炎、あるいは免疫力向上をはかる。針痲酔も可能













経皮通電装置の刺激波形


オッシロスコープに示す波形はFDCの経皮通電装置の特殊な波形です。
整形外科などのリハビリに使用する装置の刺激波形とは異なります。













経絡調整の治療効果


通常の根管治療では強い痛みが止らなかった。そこで、胃大腸経の経穴に経皮通電法を施術、根管内から大量の排膿がはじまった状態。













従来の歯科治療では痛みがとれず転院を繰返し、当院の経絡調整によって歯の根からコップ1/4の膿が排出され痛みが解消

注)東洋医学処置は自費診療となっています。

to be continued