FDC Now

・ウルトラ・ファインバブル(UFB)による除菌法運用開始

ご挨拶を更新。

自費治療の手順

thumb-1

STEP 1 オリエンテーション

歯科治療は歯科医と患者さんとの共同作業である以上、双方の意志の疎通が必要です。 第1ステップは当院の診療理念を理解して戴きます。

  • 当院は患者さんの病状の本質的な原因をつきとめテンポラリー治療による反復治療にピリ オッドを打ちます。また生涯にわたって噛める歯を護っていくために必要な予防技術や自然治 癒力のノウハウを提供します。
  • 治療結果を長く保つためには、正確な予防技術とテクニックをご指導致します。
  • 保険制度は診断法、治療技術、歯科材料などに制約があるため自費診療と比較しますと 治療結果に差が生じます。

STEP 2 現在の病状を正しく伝えます。

責任ある治療と患者さんの満足して戴く治療を開始するためにはバクテリア検査、医療画像、 模型などの診療情報を提供し、患者さんに現在の病状を正しく認識していただきます。

STEP 3 カウンセリングを行います。

治療提案書を作成し、カウンセリングを行います。

治療方法選択の理由・費用・難易度など現段階で判明している医療情報を提供します。 解らない点があれば遠慮なくご質問して戴き、提案書を具体的につめていきます。

患者さんにとって専門外の治療方法や費用負担は不安なものです。 そのため当院は患者さんが安心して治療に臨めるように、またベストの治療を 実行するためにカウンセリングの時間を大切にしています。

STEP 4 治療計画書並びにお見積書を作成します

カウンセリングが終りますと、治療に入る前には治療内容・予定治療期間・ 使用歯科材料・治療費などが記載されている見積書をお渡し致します。 患者さんはこれらを充分に検討、理解して戴き治療に入ることができます。

STEP 5 治療を開始します。

通常は概ね提案書どうりで治療は終了致します。しかし、難症例の場合、 歯や歯周組織、あるいは持病のため治療法や治療期間を変更し なければならない場合があります。

この場合、病状の変化、あるいは術式や期間、費用の変更などについて、 ご相談致します。

難症例は長期にわたり歯科医、患者さんの双方に大きな犠牲を強いる ことになります。この期間、患者さんは指導された口腔清掃や食事養生法 などを根気よく実行してください。

STEP 6 治療完了の確認

治療が終わりましたら下記の確認を致します。

  • 記録写真を撮影致します。治療前と治療後の写真を比較して 戴きますと同時に、ご自分で確認して戴きます。
  • 筋電図や咬合圧測定、あるいは発音周波数検査により機能回復を確認致します。
  • 装着物は取扱いマニュアルを提供致し、使用方法を御指導致します。
  • 義歯などの場合で慣れない方は咀嚼、発音に関するリハビリテーションをご指導致します。

<メインテナンス>

治療完了後のメインテナンスは大変重要です。治療効果を維持.し修復物の 劣化や破損を予防していくために治療中にトレーニングしましたホームケアテクニックを毎日実行しましょう。

また、定期検査は患者さんの気づかないと小さなトラブルや新しいむし歯を 発見することがあります調子がよくても必ずご来院ください。